好きな映画やアート、ねこなどの彩々(いろいろ)を、おちゃのこさいさいっと綴っていこうかと。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
紙へのこだわり


先日も書きましたが、
展示会準備で毎回泣かされるポロリのが
プリンターおっさんとの確執。
まー、明らかにプリンター氏の嫌いそうな
種類の紙をつっこんで印刷を強要するので
おっさんが文句を言いまくるのもわかるのです。
今回、ポスカで使用する紙を
プリンターと相性がよい薄めのタイプに
統一しました。価格も120円で統一。
個展の時の紙は、なんともプリンターとの
相性が悪く、ロスが多いのと、プリンターヘッドの
痛みが加速しそうで、今回は使用しない事にしました。
(紙の値段がかなり上がっていたのも要因)
これで、少しでもおっさんの機嫌を直してもらうということで。

いつもプリンターとの確執に悩まされるなら
なぜプリンター専用紙を使わないのか?
もちろんコストも大きく関係はします。
でも、一番の理由は、仕上がりの“ハマり”具合に
面白さがない、という事なのです。

プリンター専用紙では、あたりまえですが
絵のデータが、かなり忠実に再現されます。
写真やデジタルソフトを使った表現であれば
その再現性の高さは重要です。
でも、その仕上がりにはいい意味での“うらぎり”がない。

和紙や水彩紙などを使った場合、
プリンターのインクが思いもしない
“滲み”や発色、“ムラ”をだすことがあります。
もちろん元データにはないもの。
下手をすると、それは“だめ”なものなんですが
とても面白い“表現”になることがあります。
それが、とっても楽しいのです。
プリンターという機械を使っているのではなく
画材としてとらえる感覚。
手作業でのさじ加減の感覚があるのです。
なので、どれだけおっさんに文句を言われても
止められない止まらない♪なのですー*

展示作品は和紙にプリントしています。
和紙独特の“にじみ”の柔らかさと
色合いの深さがとても気に入った仕上がりになっています。
ポスカに使用の紙は、薄いのだけがちょっと難点ですが
インクのりといい、発色といい
プラスポイントは前回使用の紙をかなり上回ります。
市販の印刷物には劣る点も一杯ありますが、
プリンターにしか出せない、“あたたかさ”のある
作品になっているかと思います。

このへんの“こだわり”も
展覧会で実際に見て、感じていただけたら幸いです。

ということで!いよいよ迫ってまいりました!平太展
皆様のお越しを心よりお待ちしておりますニコニコ

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 創作 | 23:14 | comments(3) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
○このサイトについて○
画像および記事の無断転載は一切お断りいたします。 記事と無関係、および不適切なコメントは断りなく 削除します。当サイトはリンク・フリーでございます。
管理人のもう一つのサイト彩々庵も、よろしければ御覧ください。
管理人へのメール等詳細はプロフィールを御覧ください。
ツキイチ おえかき部

11月のお題

「家路」
部活動日:12月1日ー12月7日
部員募集中!お題も募集中!
SEARCH THIS SITE
OTHER