好きな映画やアート、ねこなどの彩々(いろいろ)を、おちゃのこさいさいっと綴っていこうかと。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
長靴をはいた猫


超スタンダードな猫が主役の童話。
実は、猫よりも西洋のお城と
「リボンの騎士」的お帽子を描くのが
ことのほか楽しかったです。
あこがれでした。この派手なお帽子。
猫さんが肩に担いでいる袋のなかには
ウサギが入ってます。
ちょいブラックですが、来年の干支的意味合いも
ある作品になっとります


以上、計10点の「物語の中の猫」作品を
アップして参りました。
個展の時に、絵を見てくださった方に
この本読んでみるわ、とおっしゃっていただけた事が
なによりうれしかったです。
こちらのご覧いただいた方のなかにも
題材にした本を手にとっていただければ
幸いです。おつきあいいただき、ありがとうございまし

おつうはん要項、25日か26日にアップ予定です。
遅くなりすいません!あと少しお待ちを。



| 個展 物語の中の猫 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
マザーグースの歌


えっさか ほいさ
ねこに バイオリン
めうしがつきを とびこえた
こいぬはそれみて おおわらい
そこでおさらはスプーンといっしょに おさらばさ


| 個展 物語の中の猫 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
“陰陽師” 夢枕 貘


外を歩いていて、時々細いブロック塀の上など、
あきらかに居心地の悪そうな所で、
きっちりと香箱を組んでいる猫を見かけることがあります。
それは何か、その場所から特殊なエネルギーが出ていて、
それを受信しているようにも見えたりします。そしてその場所は、
異界への入口ではないかと思えてしまうのです。

「陰陽師」では、かの有名な安倍晴明が、数々の怪異を解決するのですが、
その時使うのが式神です。それは精霊であったり、動物であったりし、
その中には黒猫もいます。この式神、メッセンジャーになったり、
虎のように大きくなって乗り物になったりと、なかなか活躍します。

世の東西を問わず、猫と異界とは
セットで描かれていることが多いように思います。
それは、猫には人は触れることのできない領域と、
接触できる能力があるのでは?と思わせる何かがあるからです。
彼らが奇妙な場所に佇み、何にもない所を凝視したりする時、
私達は別の世界の存在に思いを馳せてしまうのです。


| 個展 物語の中の猫 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
“天狗風” 宮部 みゆき


この物語ほど、猫たちが本当の意味で大活躍するものは
ないのではないかと思います。
人間の主人公とともに行動し、最後には邪悪な存在を消滅させるのは、
見た目はみな普通の猫たちなのです。

宮部みゆきの物語には、よく人間の本質にある暗い部分が、
リアルに描写されます。それは時に読み手の心をヒリヒリとさせます。
しかし、同時に彼女はかならずパンドラの箱の底に残された
“希望”のような存在も描きます。
それはよく少年の形をとって表現されるのですが、
「天狗風」では小さな虎猫の姿をしているのです。

この鉄という猫、なりは小さいですが、口は達者で、
なんと狸のように見たものに変身できたりします。
鉤尻尾に白足袋というラッキーチャームを身につけてた鉄と、
主人公・お初が江戸の町をデートする様子は、なんとも楽しげでうらやましくなります。
そして、私も猫になって鉄と一緒に江戸の町を彷徨いたくなります。
屋根伝いに眺める江戸の町や人々は、さぞ面白いだろうなあと思うのです。


実は以前絵のネタにとりあげた「天狗風」。
今回どうしようか悩んだんですが、猫の登場する物語で
一番猫活躍率が高いものなので、違う場面を描くことにしました。


| 個展 物語の中の猫 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
“猫が死体をつれてきた” シャーロット・マクラウド


色々な猫ブログを拝見していると、意外と甘党の猫が多いことに驚かされます。
ケーキやパンに目の色を変える猫、あんこをおいしそうに食べる猫…。

「猫が死体をつれてきた」に登場する猫のエドモンドも、そんな甘党の猫です。
近所の保安官の事務所で、保安官と一緒にジェリードーナツ(これまた甘そう!)を
分け合って食べるシーンにはびっくり。でも、一人と一匹が仲良くドーナツを食べる姿は、
なんともほほえましく幸せな光景です。

このエドモンド、ドーナツを食べるだけでなく、殺人事件の被害者である
アングレー教授のかつら!をくわえて帰ってきてしまったりします。
ドーナツのようにおいしくなくとも、彼を魅了する何かがあったのでしょうね。
でも、飼い猫が人様のかつらをもって帰ってしまったなら、
飼い主はかなり困ってしまいますね。たとえ持ち主がわかったとしても、
返すわけにもいきませんし…。



スポットライト4、おかげさまで
沢山の方に見ていただけました。
今回個人的にご無沙汰している方々にお会いできて
それもとてもうれしかったです。
お忙しい中来てくださった皆様、ありがとうございました!!

| 個展 物語の中の猫 | 01:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
“天使に銃は似合わない” マイク・リプリー


猫が、後ろ足をまっすぐ上げ毛繕いする様を、
“猫が槍をたてる”というそうです。
確かにピンッとたった後ろ足はまさに槍のよう。
あの体勢で、一心に毛繕いをしていれば、他の事など目にはいらずとも
いたしかたないかもしれません。

この物語に登場するのは、主人公・エンジェルの飼い猫、
その名はスプリングスティーン!
エンジェルはロンドンタクシーの運転手をしながら、
ちょっとヤバい世界にも足をつっこんでいて、時々怖い目にも遭遇するわけで、
家で暴漢に襲われちゃったりします。
そんな大ピンチの時に、ふと視界に入ったのは、
悠然と槍をたてているスプリングスティーンの姿。
おい、スプリングスティーン!引っ掻くなり噛みつくなりして、助けてくれよ!
というエンジェルの望みは、むなしく無視されてしまうのでした。

ここで名犬○○だったりしたら、暴漢に立ち向かってくれるかもしれませんが、
猫にとっては、主人より毛繕いのほうが大切だったりするのです。
しょうがないです。だって猫なんですから。




2010年12月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)
13:00〜19:00(最終日は17:00まで)
場所: HAKOBAKA

本日最終日です!17時までとなっております。
私は13時すぎよりラストまで在廊します。
皆様のお越しをお待ちしております

| 個展 物語の中の猫 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
“猫は糊をなめる”(シャム猫ココ・シリーズ) リリアン・J・ブラウン


シャム猫とは、猫の中でももっとも神秘的で優美な猫ではないかと思います。
顔の中心や足先、尻尾の濃色とボディのクリーム色の案配と、
サファイアのような深いブルーの瞳。なんとも美しいバランスです。
その瞳でひたと見つめられれば、思わずかしずいてしまいそうになります。

この物語に登場するココ(本名はカウ・コウ=クン)は、そんなシャム猫の典型といえる猫。
美しく、神秘的。なかなかのグルメで、飼い主や他の人間からは
敬意をはらわれるのを当然としているような猫です。
こう書くと、高慢ちきで嫌なキャラのようですが、ようは典型的な猫であり、
それがこの物語のなかでは、なかなか小気味よかったりします。

彼が普通の猫と違うのは、数々の事件を解決する天才的な猫だという点。
その方法は直接的ではなく、事件解決のヒントに繋がるような行動で、
飼い主に啓示を与えるのです。
この“啓示”がまた、なんなのその行動は?何が楽しいの?といった
実に猫的な所作だったりするので、猫好きは思わずニヤニヤしてしまうのです。





2010年12月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)
13:00〜19:00(最終日は17:00まで)
場所: HAKOBAKA

18日は14時から18時頃までは、確実に在廊しております。
19日は1時過ぎから17時最終までおります。
皆様のお越しをお待ちしております

| 個展 物語の中の猫 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
“だれも猫には気づかない” アン・マキャフリー



「本当ですよ。猫というのは賢くて、人間にたよることなく、
自分の面倒は自分でみることができるのです。
犬はつねに人がかまってやらなくてはいけません。
でも猫は、友に値すると思ったら、その人間を受け入れてくれます。」

なんと的確に人と猫との関係を表した文章でしょう。
猫と人の距離が心地良く感じるのは、ここにある“対等な関係”にあると思えます。
この物語、時は中世、公国の若き領主ジェイマス五世の老摂政が残した、
とっておきの秘策である一匹の猫が大活躍します。

彼女の名前はニフィ。黒煙色の美しい毛並みと、
アーモンド形の緑の目をもつ賢い猫です。重要文書の承認!から
政治的陰謀の解決までと、敏腕ぶりを発揮します。
題名とはうらはなな露出ぶりですが、そこは猫。
軽やかな身のこなしで、時には巧みに気配を消す“隠れ摂政ぶり”は、
読んでいてなんとも爽快です。そして舞台である中世のお城と猫は、
なんともしっくりと似合って、それもとても楽しめるのです。



この作品の原画を、スポットライト4にも出展しています。
ぜひ実物を見に来てくださいませ♪


2010年12月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)
13:00〜19:00(最終日は17:00まで)
場所: HAKOBAKA

18日は14時から18時までは、確実に在廊しております。
19日は17時までとなっております。
皆様のお越しをお待ちしております


| 個展 物語の中の猫 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
“ねこの事務所” 宮沢賢治



軽便鉄道の停車場のちかくに、猫の第六事務所がありました。
ここは主に、猫の歴史と地理をしらべるところでした。

「犬の事務所」。「くまの事務所」。「りすの事務所」。
動物は色々いるのに、やはり、「ねこの事務所」が一番ぴったりくる不思議。
きまぐれに降りた知らない駅近くに、こんな事務所があったなら、
思わず扉をノックしてみたい気持ちになるでしょう。
といっても、事務員は猫なので、ちゃんと働いているのでしょうか。
そして、猫の歴史と地理について、私が知りたいことがあるのでしょうか。

諸々問題はあれど、やっぱりいつか知らない町を彷徨って、
ふと目の前にねこの事務所があることを願わずにはいられないのです。
できるなら、その事務所では竃猫はいじめられる事なく、
怖い獅子に解散を言い渡されることもないように。
適当にのんびりと、ねこの書記が座っている所が、ただ見てみたいのです。



高円寺書林さんにて、少しだけですがポストカードやカレンダー、
マッチなどを継続で販売していただいています。

通販希望のお声、ありがとうございます!
久しぶりにおつうはん店開きいたします♪
準備でき次第、記事にいたしますので
今しばらくお待ちください


| 個展 物語の中の猫 | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
“どんぐりと山猫” 宮沢賢治



かねた一郎さま 九月十九日
あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです。
あした、めんどなさいばんしますから、
おいでんなさい。とびどぐもたないでくなさい。
山ねこ 拝

こんな不思議なはがきが、ある日ポストに届いたなら、
一郎君のように思わず飛び跳ねて喜んでしまうでしょう。
字はまるでへたで、墨もがさがさして指につくようなはがきでも、
なんてったって差出人は、山猫なんですから!
偉そうで、でも裁判官としてはイマイチな山猫。
ちょっと不気味ないでたちの馬車別当。
そしてピーピーと五月蝿いどんぐり達。
白いきのこの馬車や枡いっぱいの黄金のどんくり。
どれもこれもあまりにも魅力的です。

ああ、家にも招待状がこないかなあ。
私なら、“用事これありに付き、明日出頭すべしと”と書かれても、
けっして怒ったりしないのに。




DMにてさんざんアップしておりますが
やはり一番はこの方を。。ということで。

作者はただ、いじわるそうで偉そうな猫が
描きたかった、ということで出来た作品です。
でも、とっても立派でかっこいいとおっしゃっていただいたり
人気があって、うれしい驚きでした。
この作品、とても幸せなことに
個展をさせていただいた高円寺書林さんが
お買い上げくださいました!
お店に行っていただければご覧いただけるかと思います。

これから個展の作品をちょっとずつ
紹介していきたいと思っております。
おつきあいくださいませ。

それとちょっとお聞きしたい旨が。。


続きを読む >>
| 個展 物語の中の猫 | 18:52 | comments(5) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
○このサイトについて○
画像および記事の無断転載は一切お断りいたします。 記事と無関係、および不適切なコメントは断りなく 削除します。当サイトはリンク・フリーでございます。
管理人のもう一つのサイト彩々庵も、よろしければ御覧ください。
管理人へのメール等詳細はプロフィールを御覧ください。
ツキイチ おえかき部

11月のお題

「家路」
部活動日:12月1日ー12月7日
部員募集中!お題も募集中!
SEARCH THIS SITE
OTHER