好きな映画やアート、ねこなどの彩々(いろいろ)を、おちゃのこさいさいっと綴っていこうかと。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
鳥の書斎の椅子


これ、ぼくのやから座ったらあかんで。

先日見に行った、夢みる家具 森谷延雄の世界 展
展示されていた、素敵な椅子をモデルに。
とってもロマンチックで、ちょっと乙女で
でも甘すぎない素敵なデザインでいっぱいでした。
この方の作品、復刻してカフェやホテルに置いてほしい。。


 
詳細はこちらをクリック♪
 

期間:2011年2/19-2/27 
11:30-21:00(最終日は19時まで)
 
処:茶房 高円寺書林

いよいよ明日から開催です!

私は、オリジナルの紙モノ雑貨を出展販売いたします☆
本日のイラストもポストカードにて販売いたします。
ほか、ちょこちょこ初めて作成のグッズもあります。

あの!西のにゃんどる・はっちゃんの写真展あり!
そして「はっちゃんのなんでもお悩み相談室」
はっちゃんの肉球サイン本の販売もあるそう。
詳細はこちらを確認ください。
また、19日にはジュンク堂池袋本店で、
出版記念サイン会
も開催されるそうなので
猫祭り巡りされてはいかがでしょう?

その他参加型のイベントも色々あります。
詳細は上記猫のお茶会イラストをクリック、
または茶房 高円寺書林のブログをチェックください♪

すでにいろいろな方が、ご自身のブログ等で告知くださってます。
本当にありがとうございます!

猫好きさん、本好きさん、下町商店街好きさんには
とっても楽しいイベントだと思いますので
ぜひ足をお運びくださいませ。
よろしくお願いいたします。


追伸2

告知だらけですいません!

2月のツキイチおえかき部活のお題がきまりました。

今すぐ部室をチェーック!


| アート | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハンス・フィッシャーの世界展


なんちゃってハンス・フィッシャー風
ケーキをかかげた長靴をはいた猫。

先日、伊丹市立美術館のハンス・フィッシャーの世界展
見てきました。
ハンス・フィッシャーといえば、
私にとっては、なんといっても「こねこのぴっち」!
子供の頃の一番のお気に入りで、
絵本はぼろぼろになってしまいました。

そのぴっちのいろいろなシーンのリトグラフをはじめ
ハンスが子供達のために描いた直筆の絵本や
絵本以外の銅板版画や壁画の下絵、
そして「長靴をはいた猫」のための多数のスケッチが
楽し気に展示されていました。
もう、口から出る言葉は、「かわいい!」の一言。
じっくりと見てまわり、結局2時間以上滞在してしまいました。

赤ずきんちゃんなど、人間が描かれている
イラストもかわいいのですが、
どちらかというと、動物を描いているほうが
ノリがよく楽しそう♪
猫や犬やウサギ、にわとりにヤギ、あひるやかえる!など
なんともかわいらしくユニークに描かれていて
動物好きにはたまらない展覧会でした。
見ている大人も子供も皆ニコニコ(^^)

改めて彼の絵を見ていると
単にかわいらしく表現されているだけでない
軽快で躍動感のあるペンタッチや
赤や青といった差し色のちょっとした使い方など
かっこいいんですよ!
グラフィックデザイン的なすばらしさもあり
とても刺激になりました。

展覧会は終わってしまったのですが、
こちらで図録を販売されています!
この図録(もちろんゲット♪)、絵本的な装丁で
内容も濃いですよ!興味ある方はぜひ♪

| アート | 10:22 | comments(3) | trackbacks(0) |
「フ」はフレームのフ


3連休の日曜日HAKOBAKA第7回企画展・HAKOBAKA NAKAI presents 「フ」展に行ってきました!


おちゃのこ彩々特製・プールポストカードです。
丁寧な説明書きまで作ってくださってます。
ありがとうございます!


素敵なハコフレームを着せていただき
素敵度200%増です♪


色々な、紙、色、形、大きさの
フレームが壁いっぱいに!


こんな作品&フレームも。

ハコフレームは300円より販売されてます♪
(中の作品も販売されてます)
軽くて扱いやすいので、
このままポスカやカードをいれて
プレゼントしても素敵ですよ。
HAKOBAKA NAKAI presents 「フ」展
明日17日、18日の土日オープンしておりますよ。

京都シネマにて、映画「プール」も上映中!
10月末からは、私の御贔屓映画館・滋賀会館シネマホールでも
映画「プールが上映されます!
映画を見て、ついでにプールポストカードも
見にきていただけるとうれしいです。

今、ちょっとバタバタです。。
部活の課題ぐああ。。
江戸遠征日記も進まず。。
しばらく超スローペース更新になりますが
お許しください。

| アート | 17:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
アルルカン


ピカソがよく描いていた
アルルカンの衣装や佇まいが
とても好きです。

2009年春夏のマルニのプリント
優しい色合いのアルルカン調ダイヤ柄。

| アート | 22:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
HAKOBAKA Choice展

そこに箱があるならば
入らずにはいられない。
それが、ニャンコのサガなのさ!

昨日、HAKOBAKA移転記念企画「Choice」展
にいってまいりました♪
てことで、チョコッとレポートを。

albaっちの作品群。

かわいいです♪
綺麗な色合いの彼女の作品に
シンプルな箱の額がぴったり!
紙なので軽く、扱いも楽。
(作品は手にとって見られます!)
額でもあり、パッケージにもなる
箱額は気軽に絵を楽しめる
素敵なツールになっていました。


albaっち渾身の内職の作、カラフルサイコロ!
内職苦労人がここにも。。
と思うと、ちょっとうれしい(イヒヒ)


ゴシックなアクセサリーには
ドラキュラの棺桶型パッケージ!

ハコガカ・Yukieさんの作品。

中央のお家群は500円貯金箱!
一杯になると、1万円貯金できるとか。
Yukieさんとは、ちょこっとお話もさせていただきました。
ありがとうございました♪


そして作品を展示している
この什器もHAKOBAKA製!なんと段ボールです。
これがまたかわいくて、ウチにも欲しい!
ひっかけたり、穴からのぞかしたりと
レイアウトも色々できそう。

他にも、いろいろな方の作品と
それにぴったりの箱が楽しめます。
箱好き、アート好きの方はぜひ!
詳細はコチラからどうぞ♪

展覧会の後は、市バスをのりついで
あこがれの恵文社へ♪
ああ、楽しく危険な店です。
あっっっという間に数時間が!
HPでチェックしていた
本や雑貨をじっくり堪能。
またもやマスキングテープを購入(もはや病気)

紙モノ祭な、充実の一日でした♪

| アート | 23:08 | comments(4) | trackbacks(0) |
心ざわつかせるような

物語には、始まりがあり
そして必ず終わりがきます。
さあ、アリス!
そろそろ現実の世界に帰らなきゃ。

どんなに小さな個展でも
作品を発表した後には
かならず山のような反省と口惜しさという
あまり楽しくない感情に見舞われます。

もっとああすればよかった。
もっとやれたのではあるまいか?

昔、お師匠様(版画)と私達生徒で
作品の持つ力とは?というネタで
話をしたことがあります。そこで
“見る人の所有欲をかき立てるような”
という言葉がでてきました。

一目見て
なんだか目が離せない
気になって気になってしょうがない
今すぐ、ウチにつれて帰りたい!
というような
心をざわつかせる力のある作品。

今までも、そしてこれからも
そんな作品を描きたい。
それが私の課題です。


個展最終日に滑り込みで見た
浮世絵の展覧会。
もうもう、“心ざわつかされる”作品ばかり!
そして!なんと!会えたんですよ。
拙作品白雨の元ネタの北斎の版画に!
神様に感謝。

NEW!彩々庵も更新しました☆

| アート | 01:29 | comments(8) | trackbacks(0) |
ウィリアム・モリス風?ステンドグラス


お友達のalbaっち(音描キ屋サン)と
秋のアートアンド雑貨散策ツアーにいってきました!

朝イチに京都国立近代美術館のアーツ&クラフツ展へ。
壁紙などテキスタイルはもちろん
椅子やチェストなどの家具や
当時を再現した部屋など素敵で素敵で。
デザインの下絵や設計図なども
なんともいえず味わい深く、
刺激とネタ収集もできたすばらしい展覧会でした!

お次はばんさんの個展「悠然の猫 -点猫・4-」へ。
猫さんが一杯の暖かな作品と
平太様の写真集を拝見!
へっちゃん、えらなったなあ。
感動し、爆笑しと楽しいひととき。

その後南船場にあるレトロな「農林会館」にある
個性的なショップを散策。
建物の雰囲気をうまく使ったステキなお店が
多く、これまた刺激をいただきました。
こんなとこに事務所とショップを持ちたいなあー、
印税生活ってしてみたいよなー、と
つぶやくalbaっちと私。

あいかわらず、遠出するなら元以上とるぜ!で
歩き、観、しゃべる!のハードですが
楽しいツアーになりました。

| アート | 00:08 | comments(6) | trackbacks(0) |
木の葉の雨


深い赤や黄色の木の葉の雨には
茶トラさんが一番似合うと思います。

いつもの道に色とりどりの敷物。
美しい色は目に楽しく、
パリパリと踏む音は耳に心地よく♪
快晴の秋空がさわやかで気持ちのいい連休初日、
ずっと見たかったヘンリー・ダーガーの作品と映画を観に
滋賀県立近代美術館アール・ブリュット展にいってきました。

美しいと感じる事。
自分の内面をさらすという事。
描く事と表現するという事。
アートってなんなの?
絵を描くという行為って、なんなのか?
いろいろと感じ、考えた展覧会でした。

芸術のイベントはこれからも目白押し。
ばんさんの個展「悠然の猫 -点猫・4-」や(9日まで!)
その他いろいろな猫祭り猫が大阪で開催中!


| アート | 00:53 | comments(5) | trackbacks(0) |
ブルーノ・ムナーリ展 あの手この手

“おしゃべりフォーク”にインスパイアされて。



『ブルーノ・ムナーリ展 あの手 この手』に行ってきました!
オシャレでかわいくて、ユーモラス。
美しい色彩と遊び心。
もうもう、感性が刺激されまくり!
手のひらサイズの本もあって、
豆本ネタもしっかり心にメモメモ(笑)
いい感じで満腹になりました!
行って本当によかった(^^)


| アート | 08:19 | comments(8) | trackbacks(0) |
水の上の小宇宙


先日、琵琶湖畔にある佐川美術館に新たにできた、樂吉左衛門館と茶室を見てきました。

お金かかってるなーっていうのと、アーティストのこだわりが
少々鼻についちゃうトコはありますが、一見の価値あり!
やはりすばらしいものでした。

美術館のまわりには人口の池がはりめぐらされ、
その水庭に浮かぶようにたたずむ茶室。
茶室へはその水庭の底を通り入ります。
暗いトンネルのような通路を抜けると、突然円形にくり抜かれた天井より
空が見え、水が流れ落ちる空間に出ます。
これには鳥肌が立ちました。

そして、広間の茶室はまさに水に浮かんでおりました!
外とはガラスで仕切られているのですが、そのガラスもなんと
自動で開閉可能!目の前には水庭が広がっています。
(見学時は閉っていましたが、ガラスの存在感が希薄でした)
いやいや、すべてが贅沢な空間でございました。

ほんの少しお茶をかじったものの私見ですが、
「茶室」って、一言でいえば「小宇宙」または「異空間」だと思います。
茶室に入るだけでも、結構ステップを踏んで入らなくてはなりません。
そして、ステップを踏むための色々な作法=ルールがついてきます。
これ、実は「小宇宙」へトリップするためのシステムだと思うのです。
現世の色々を脱ぎ捨て、別の「小宇宙」を楽しむ。。
これって究極の大人のお遊びだなー。利休ってやっぱり凄い人ですわ。

こちらで、美術館や茶室の画像が見れます。よかったらどうぞ♪

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| アート | 01:00 | comments(5) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
○このサイトについて○
画像および記事の無断転載は一切お断りいたします。 記事と無関係、および不適切なコメントは断りなく 削除します。当サイトはリンク・フリーでございます。
管理人のもう一つのサイト彩々庵も、よろしければ御覧ください。
管理人へのメール等詳細はプロフィールを御覧ください。
ツキイチ おえかき部

11月のお題

「家路」
部活動日:12月1日ー12月7日
部員募集中!お題も募集中!
SEARCH THIS SITE
OTHER