好きな映画やアート、ねこなどの彩々(いろいろ)を、おちゃのこさいさいっと綴っていこうかと。
<< 浮世猫絵展供‥玄風景2 | main | 春淡し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
心ざわつかせるような

物語には、始まりがあり
そして必ず終わりがきます。
さあ、アリス!
そろそろ現実の世界に帰らなきゃ。

どんなに小さな個展でも
作品を発表した後には
かならず山のような反省と口惜しさという
あまり楽しくない感情に見舞われます。

もっとああすればよかった。
もっとやれたのではあるまいか?

昔、お師匠様(版画)と私達生徒で
作品の持つ力とは?というネタで
話をしたことがあります。そこで
“見る人の所有欲をかき立てるような”
という言葉がでてきました。

一目見て
なんだか目が離せない
気になって気になってしょうがない
今すぐ、ウチにつれて帰りたい!
というような
心をざわつかせる力のある作品。

今までも、そしてこれからも
そんな作品を描きたい。
それが私の課題です。


個展最終日に滑り込みで見た
浮世絵の展覧会。
もうもう、“心ざわつかされる”作品ばかり!
そして!なんと!会えたんですよ。
拙作品白雨の元ネタの北斎の版画に!
神様に感謝。

NEW!彩々庵も更新しました☆

| アート | 01:29 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 01:29 | - | - |
COMMENT
さいころりんさんの作品群は私にとっては「心ざわつかされる作品」です。
特に「白雨」を見た時は「あ!」っと思いました。元絵も知ってたので,余計にかもしれませんが、なんと生き生きと現在によみがえらせたことか!と思いました。これからもさいころりんさんのイメージや感性をどんどん見せてください。すっかり虜になってる人が私をはじめ何人もいますから・・。

それから今月号の「大阪人」という雑誌は天神橋商店街の古本屋さん特集なのですが、もしかしたらお好みの古本屋さんがある感じです。もしどこかで見かけられたら立ち読みしてみてください。


| toki | 2009/02/11 8:10 AM |
個展の反省、あれこれ出てきますよね。でも、足りない所がたくさんあると思えるほうが進歩があります。これで宜しと思ったら進歩はそこまで。もっと…と思ったら次にそれを生かせば良い事で、作家さん(若しくは物を作る人)はそれでなくてはとわたしなどは思います。
私も、どーしょーも無い服を作った後で、ここをもっとこうすれば良かった、襟の形をもっと工夫すれば良かったと次から次へといろんな事を思いますもの。尤もわたしの場合は、それが次の服作りに生かせるかは?ですけど(笑)

わたしが作品を見るとき(主に美術品)、一目見てこちらに迫ってくる迫力が有るか無しかを捉えます。
芸術家という者は、如何に作品に情熱をぶつけることが出来るか、だそうで、それが見ている人に伝わるのですね。真贋を見るときにもこれは結構役に立ちます。
岡本太郎さん曰く、「芸術は爆発だ!!」まさしくあれですね。
そうしょっちゅう爆発していたら、芸術家は身が持たないと思うのですが…
北斎然り、國芳然り、國貞然り、歌麿然りですね。(あ、浮世絵が好きなもので…)
(文句を言わせていただければ、明治期に貴重な日本の芸術作品が海外に流れたことをわたしは非常に残念に思っています。岡倉天心のバカ)


| のの | 2009/02/11 8:20 AM |
「こころざわつかせる」
そんな商品をお届けしたい。
長年の経験と悩むのが面倒になり、
忘れていた?感激が大事なのだと
思い起こしています。
あの商品が到着したとき、店頭に並べたときの
新鮮な感動と驚きと安堵の複雑な気持ちを
やはり持っていたいと思う今日この頃です。


| | 2009/02/11 7:55 PM |
tokiさん
超個人的な感情の記事に対して
暖かいコメント、本当にありがとうございます。
でも、本当にまだまだで情けない気持ちが一杯なんです。
絵でも映画でも、心をざわつかされるモノに出会うと
自分の無力さを実感し、凹む時もあります。
でも、それに目をつぶってしまわぬよう
何かを描き続けていければ。。と思っています。

天神橋商店街の古本屋さん特集
>>うわーーー!そそられます(^^)
本屋さんで立ち読みしてみますね。
情報ありがとうございます。

ののさん
一目見てこちらに迫ってくる迫力が有るか無し
>>ああ!本当にそうですね。
何につけ、創ることをしている限り
この焦燥感や後悔などの感情は
死ぬまでついてくるモノだと思っています。
それを、いかに次に繋げていけるか、が
大切だとなんですよね。

浮世絵の海外流出は、本当にもったいない事だと思います。
ただ、今回のベルギー所有のコレクションを見ていると、
きっと蒐集家達は北斎や広重を見て
心ざわつかせたに違いない!と感じました。
それがあったからこそ、これだけの貴重な作品が大量に
かなりいいコンディションで保存できたのではないか。。
岡倉天心さんを許してあげてください(笑)

名なし様
私が思っている方かな?思うのですが。。
心ざわつかせるって、理屈じゃないんですよね。
作品にしても、商品にしても
作為的にそれをやれたとしても、
きっと人の心には響かない。
特に仕事としてやる場合は、
より難しいのではないかと思います。
それにばかりこだわっていては
商売にはなりませんから(^^)
でも、この心ざわつかせるという感覚だけは
枯らしたくないなあ、無くしたくないなあと
しみじみ思います。

| さいころりん | 2009/02/12 12:06 AM |
さいころりんさんが情けなく悔やまれる気持ちでいらっしゃるのは、私が思うよりしんどいものなのだろうと推察いたします。
しかしながら、「うわぁ〜♪」と思わせていただいた作品群に、さいころりんさんにしか訴求できない糊代がさらにまだあるのだとしたら、一ファンとしては期待せずにはいられません。
羽化をし続けるさいころりんさんの作品から目が離せませんです。これからも!



| 藏ゆ | 2009/02/12 10:51 AM |
もうまさに、藏ゆさんがすべておっしゃってくださって! さいころりんさんのどの作品を拝見しても心がぐらぐらと揺すぶられます。そして口をうっすら開けた間抜けな顔で見入ります。こんなに素晴らしい出来映えの作品群にまだ新しく吹き込むべきもの、そぎ落とすべきものがあるなら、そんな変化を見落としてはならじ! ファンは目をむいてお待ち申し上げまする。

| こてち | 2009/02/12 2:01 PM |
この絵のように、物語は静かに終わりを告げるのですね。
物語の最後のページがこの絵なら
心にゆっくりしまい込み、ゆっくり現実に帰っていけそうです。
・・・戻りたくないけれど(笑)
さいころりんさんの心ゆさぶられる作品、大好きです。
今回スノードーム猫さんの作品がありましたが
あの絵をブログで見た時から
遠い昔、クリスマスイブの日に出会った
一期一会の猫さんの事が、はっきりとした映像のように心に浮かびました。
いえ、雪がもしもし降る中、母におつかいを頼まれて、出かけた道で
どこからともなく現れて
私の足元に一度すりっ、と挨拶して
しばらく二人、雪の中をほとほと歩いて
曲がり角で「じゃあ、私はここで。」と別れたのですが。
ものすごーい昔のことなので
記憶も多少変わっているのかもしれませんが
一瞬、あの日あの時に帰ったような体験でした。
このことにもお礼を言いたかったのです♪



| ぽぽろ | 2009/02/12 9:57 PM |
藏ゆさん
確かにしんどい部分もありますが、それって
自分で勝手に招いている事ですしね。。
それに、才能ないわーという凹みもありますが
つい楽な方へ流される、なまけ心などの
情けない自分が嫌やわ。。ってのがメインだったりします。
こうして優しい言葉をかけていただくのが
本当に申し訳ないです。
ただ、ブログを始めてから、いろいろな方が
自分の作品に対して真摯に接してくださっていることが
わかって、物凄くうれしくて
だからこそ、もっとやりたい!という欲が
生まれてきてるんだと思います。
いつも見てくださって、楽しんでくださって
本当に感謝しております。

こてちさん
本当にこんなしょーもない愚痴記事に対して
優しい言葉をいただいて、申し訳ないです。
藏ゆさんへのお返事にも書きましたとおり
ブログを通して、自分の作品を思いもかけず
真摯に受け止めていただいている事実に
喜びつつ、戸惑っているのです。
それはリアルで個展をし、作品を発表していた時には
これほど感じることはありませんでした。
このことに深く感謝しつつ、自戒の気持ちも持ちながら、
描いていきたいと思います。ありがとうございます。

ぽぽろさん
ああ、ぽぽろさんのクリスマスの
素敵な出会いのお話のほうが
私の心をものすごくざわつかせてくれました!
ちょっと涙が出そうです(笑)
そして、その素敵な記憶を
自分の絵が引き出すお手伝いができたのだとしたら
これ以上の喜びはありません!
素敵なお話をありがとうございました。


| さいころりん | 2009/02/14 9:10 PM |
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS



MOBILE
qrcode
○このサイトについて○
画像および記事の無断転載は一切お断りいたします。 記事と無関係、および不適切なコメントは断りなく 削除します。当サイトはリンク・フリーでございます。
管理人のもう一つのサイト彩々庵も、よろしければ御覧ください。
管理人へのメール等詳細はプロフィールを御覧ください。
ツキイチ おえかき部

11月のお題

「家路」
部活動日:12月1日ー12月7日
部員募集中!お題も募集中!
SEARCH THIS SITE
OTHER